大和市つきみ野|症状別歯科治療ガイド TOP > 矯正歯科

矯正歯科

歯並びが気になる

歯並びが気になる

ご自身の歯並びやお子さんの歯並びで気になることはありませんか? 歯並びの悪さで悩まれる方の多くの理由はその見た目。なかには人目が気になり、精神的不安を抱えてしまう方もいらっしゃいます。

もちろん見た目も気になりますが、噛み合わせの悪さが身体のバランスを崩して肩こりや頭痛を引き起こしたり、きちんと噛めずに消化不良を引き起こしたりと、弊害はさまざま。特に歯と歯のすき間が広い箇所では食べかすなども残りやすく、虫歯や歯周病の原因にもなりかねません。

このような歯並びで悩んでいませんか?

上顎前突

上顎前突

「出っ歯」と呼ばれる、上の歯が前に突き出ている状態。上顎全体が突き出ている場合もあります。

反対咬合(下顎前突)

反対咬合(下顎前突)

「受け口」と呼ばれる、下の歯が前に突き出ている状態。下顎全体が突き出ている場合もあります。

上下顎前突

上下顎前突

上顎前突と下顎前突が一緒になった状態。唇が切れやすく歯が折れることもあります。

開咬

開咬

口を閉じていても、上の歯と下の歯の間にすき間ができている状態。発音が悪くなることがあります。

交叉咬合

交叉咬合

上下の歯の噛み合う歯が、ずれてしまっている状態。奥歯の噛み合わせが逆になるため噛む機能が低下します。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)

歯の生え方が傾いているため、上の歯と下の歯が揃っていない状態。八重歯も叢生の一種です。

過蓋咬合

過蓋咬合

上の歯が下の歯に覆い被さっている状態。摩擦が強いため、歯の表面がすり減ってしまいます。

すきっ歯

すきっ歯

歯と歯の間にすき間が多い状態。食べかすが詰まりやすくなります。

歯並びが悪いことのデメリット

歯並びが悪いことのデメリット

歯並び・噛み合わせでお悩みの方は、多くの場合その見た目を気にされています。なかには人目が気になり、精神的不安を抱えてしまう方もいるほどです。しかし歯並び・噛み合わせの悪さは見た目だけの問題でなく、次のようなデメリットがあると言われています。

歯並びが悪いことのデメリット

このような問題を避けるため、当院では歯並びを整える「矯正歯科」に力を入れてご案内しています。

矯正の専門医が治療にあたります!

矯正の専門医が治療にあたります!

当院では、矯正専門医が来院して矯正治療を担当しています。
研究と経験を重ねた専門医ですから、取り付けや器具調整の技術は一級品。
一般的な歯科医による矯正治療に比べ、より快適で仕上がりのいい矯正治療をご提供しています。

矯正専門医:藪下先生のご紹介

当院で矯正治療を担当している専門医は、みやまえ矯正歯科開業医の藪下忠親先生。東京医科歯科大学卒業後、同大学で10年にわたって矯正治療の研鑽を積まれた先生です。その経験とノウハウで、短期間で済み、かつ痛みの少ない治療法を実践されています。

藪下先生の略歴

1994年
桐蔭学園高等学校理数科 卒業
2001年
東京医科歯科大学歯学部 卒業
東京医科歯科大学歯学部 咬合機能矯正学分野 入局
2005年
東京医科歯科大学大学院修了 歯学博士(歯科矯正学)取得
2006年
東京医科歯科大学大学院 文部科学教官
日本矯正歯科学会認定医 取得
2007年
日本矯正歯科学会学術奨励賞 受賞
2008年
東京医科歯科大学歯学部附属技工士学校 非常勤講師併任
2009年
東京医科歯科大学歯学部 咬合機能矯正学分野 医局長
2010年
国立大学法人東京医科歯科大学 大学院 講師(非常勤)
2011年
みやまえ矯正歯科

当院で矯正治療を受けるメリット

当院は一般歯科医院ですので、虫歯や歯周病の予防・治療、検診・クリーニングなどを行えます。矯正器具を取り付けた際は歯みがきがしにくく、虫歯・歯周病になりやすくなりますので、矯正とセットで予防・治療や検診・クリーニングを受けられるのは大きなメリットです。また、やなぎさわ歯科(つきみ野)・オークヒルズ歯科(鶴間)ともに、イオン・イトーヨーカドーの施設内にある年中無休の歯科医院ですから、お買い物のついでに気軽にお立ち寄りいただけます

成人矯正 ~「見えない矯正」やってます!~

成人矯正 ~「見えない矯正」やってます!~

矯正治療と言うと、「治療用のワイヤー器具が目立って恥ずかしい」というイメージがまだまだ強いようです。しかし当院では、「見えない矯正」として最近人気の「クリアライナー」を採用。「見た目を気にせず、痛まず矯正できる」とご好評いただいています。

クリアライナーとは?

成人矯正 ~「見えない矯正」やってます!~

透明のマウスピースを1日17時間以上装着することで歯並びを整えていく矯正器具です。歯列が徐々に矯正されるのに合わせて、4回ほどマウスピースを作り替えます。

マウスピースと聞くとボクシングのそれを思い浮かべてしまうかもしれませんが、歯列だけをぴったりと覆うような形状なので、お喋りなどの邪魔にならず、痛みもありません。お食事や歯みがきの際は外すことができるのも特徴です。

小児矯正 ~身体の成長を正しい方向へ導く~

成人矯正 ~「見えない矯正」やってます!~

子供のうちに矯正治療を行う「小児矯正」では、身体の成長に合わせて矯正を行うことで、歯並びだけでなく骨格のバランスを整えられます。大人の場合は身体が成長しきっているので骨格を整える矯正はできませんが、子供なら顎の骨が広がるように成長をうながす矯正ができるのです。

健康的な歯並びには、ある程度の顎の大きさが必要です。顎が小さいと永久歯の生えてくるスペースが足りなくなるため、歯並びが悪くなったり、大人になってから歯列を整える際に抜歯をしなくてはならないケースが多くなったりします。

歯並びが悪いと噛む際に使う筋肉が偏り、身体の発達バランスが崩れ、全身の骨格にまで悪影響が及ぶと言われています。ですから、子供のうちに歯並びを整えておくことは非常に重要なのです。

小児矯正を始める時期は?

小児矯正を始める時期は?

小児矯正には、骨格を調整する「1期治療」と歯並びを調整する「2期治療」の2段階があり、1期治療は3~11歳、2期治療は10歳~成人の間に行うといいとされています。骨格の成長や永久歯の生えかたを正しく導くには、1期治療から行う必要があります。

当院の矯正専門医である藪下先生は子供の矯正治療にも豊富な経験がおありですので、どうぞお気軽にご相談ください。

料金案内

料金案内