大和市つきみ野|症状別歯科治療ガイド TOP > 歯周病

歯周病

「歯肉の異状」「歯のグラつき」は歯周病のサイン

歯肉が赤く腫れている……歯肉から血や膿が出る……歯がグラグラする……

「歯肉の異状」「歯のグラつき」は歯周病のサイン

こんな症状はありませんか?原因が分からず、そのままにしていませんか?これらはすべて歯周病のサイン。日本の成人の80%以上が感染、もしくは予備軍といわれる病気です。初期段階での自覚症状が少なく、進行すると最終的には歯が抜けてしまうこともあるのです。

歯周病のメカニズム

歯周病の原因は、プラーク(歯垢)の中に棲む歯周病菌。プラークが歯肉溝(歯と歯肉の間)にたまり、歯周病菌が繁殖を繰り返すことで歯周病は進行していきます。歯肉が炎症で腫れると歯肉溝が深くなって歯周ポケットができ、いっそう歯周病菌が繁殖します。やがて歯の根を支える骨にも炎症が起き、そのうち溶けてしまいます。進行すれば歯が揺れてきます。歯石はプラークが固まったもので歯周病菌のすみ家となっていますので歯科医院で定期的に除去してもらいましょう。

歯周病のメカニズム

歯周病は、歯肉や顎の骨などの歯を支える土台(歯周組織)を破壊する恐ろしい病気です。

歯周病の治療方法

歯周病の治療方法

まずは歯科医院で正しいブラッシング指導を受けてホームケアを行い、定期的にPMTCと呼ばれる専門的機械的歯面クリーニングを受けるなど、しっかりと予防をすることが重要です。PMTCでは歯周病の原因となるプラークや歯石を除去しますが、期間としては歯ぐきの状態によって1~6ヶ月ごとにPMTCを行います。

外科的治療が必要になったら

重度の歯周病になると、外科的治療が必要になります。症状に合わせ、下記のような治療が行われます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術 比較的軽度の場合に行う治療方法。歯肉に麻酔をし、歯周ポケット内のプラークや歯石を直接除去します。
フラップ手術 歯周ポケットが深くなった場合の治療方法。歯肉を切開し歯根を露出し、プラークや歯石を除去します。
GTR法(組織再生誘導法) 失われた歯を再生させるための方法。歯と歯肉の間をきれいにし、再生させたい部分に人工の膜を入れ、骨の再生を促します。
エムドゲイン法 失われた骨を再生させるための方法。歯肉の中に「エムドゲインゲル」という薬品を入れ、骨の再生のためのスペースを作り、再生を促します。

なお歯がひどくぐらつく場合は、その歯の代わりに人工の歯を埋め込むインプラント治療も行われます。